川辺仏壇の技術を駆使した「桜の屋形」や河川を利用した流水プール、宿泊ロッジなどが充実しています。

敷地内には、高さ20m長さ400mの巨大な岸壁「清水磨崖仏」があり、平安時代からの先人達の想いが数多く刻まれております。


住所:鹿児島県南九州市川辺町清水3882
電話:0993-56-5465

ホームページ: http://www.iwayacamp.com/


川辺仏壇の紹介・技術を体験する拠点として「川辺仏壇工芸会館」がオープンしました。普段できない仏壇の技術体験ぜひしてみてください!!
見学・体験は要予約です。

■1階:展示・解説フロア
 7つの製作行程を持つ仏壇技術を映像で紹介しているほか、仏壇の見学、仏壇技術を使った新しい新商品を展示しています。
 見学時間:20~30分

■2階:体験フロア
 一度に50人が仏壇技術の体験を行うことができる畳スペースです。

■体験内容
 仏壇技術に用いる、金箔押し・蒔絵・金具彫金・木地加工等の体験が可能です。
 金箔を貼った鉛筆、蒔絵ブローチやペンダント、風鈴等を作って お持ち帰りいただくことができます。内容等はご要望に合わせて調整可能です。
 
 体験所要時間:約10分~
 体験料:1,000円~ ※体験内容によって異なります。

■問合先
 鹿児島県川辺仏壇協同組合

 鹿児島県南九州市川辺町平山6140-4

 TEL:0993-56-0240

ホームページ: http://www.kawanabe-butudan.or.jp/facility/


清水磨崖仏群は,昭和34年に鹿児島県指定文化財(史跡)に指定されています。
岩屋公園を流れる清水川右岸の屏風のように切り立った長さ約400メートルの岩壁に,平安時代から明治時代までの間に彫られた梵字や五輪搭・宝印搭の供養搭,仏像等が,全部で193体残っています。
中でも,平安時代後期推定の「大五輪搭」は,高さが約12メートルもあり,日本一大きなものです。
また,鎌倉時代中期の「月輪大梵字」は,大きさだけでなく,字の美しさでも日本を代表すると言われています。
他にも貴重な彫刻群が多く,川辺町を代表する貴重な史跡です。


南九州市の中で一番大きな物産館です。駅内の物産館では、地元の新鮮野菜や地元大豆を使った手造り豆腐が売りです。レストランでは地元食材を利用した料理を提供しています。
連休には様々なイベントもあります。

ホームページ: http://www.yasuraginosato.com/


1日6000トンもの水が湧いている美しい水場です。近隣の用水路では「オキモズク」という珍しい水草が生息しており「名水百選」に選定されています。


オートキャンプ 森のかわなべ 森林浴を楽しみながら、フリークライミングやトレーラーハウスを利用したキャンプが楽しめます。

キャンプ用品もレンタル可能なので、家族や友人と手軽に過ごしてください。

住所:鹿児島県南九州市川辺町野崎8138-12
電話:0993-56-4342
営業:3月~11月 8:30~17:15(※12月~2月は閉鎖期間)
定休:要問合せ

ホームページ: http://www.kawanabe.info/


川辺町野崎に、大小数か所の流れが合わさって瀑布となっている滝があります。


知覧特攻平和会館より車で約30分の位置にある、高原のレジャーランド。

ゴーカート・バーベキュー・ミニゴルフなど、家族で一日中楽しめます。

住所:鹿児島県南九州市頴娃町牧之内15025-5
電話:0993-36-3535
営業:9:00~17:00
定休:なし

ホームページ: http://agri-ei.info/


アグリランドえいに隣接する施設。

お茶の手もみ体験を通し、茶の製造過程を学ぶことが出来ます。

また、館内では3Dシアターで地域農業についての学習も行うことが出来ます。

住所:鹿児島県南九州市頴娃町牧之内15025-8
電話:0993-36-3911
営業:9:00~17:00
定休:火曜日

ホームページ: http://midori.sumomo.ne.jp/


大野岳は,薩摩半島南端に位置する標高466mの独立峰。
山頂からの360度の眺望は薩摩半島随一と評され,開聞岳や池田湖,東シナ海とその海岸線,茶畑や芋畑などの田園風景といった薩摩半島を代表する景観を眼下に望め,またその向こうには錦江湾,桜島や大隅半島,晴れた日には硫黄島や屋久島の遠望が広がります。
最近では、茶寿階段も設置され、天気のいい日は訪れる人も多いです。


「グリーンティーリズム」とは、お茶畑ウォークやお茶の手もみ体験・淹れ方体験などお茶の魅力を最大に体感できる新しい旅のスタイルです!!
南九州市はお茶の生産量日本一!!だからこそ出来る貴重な体験をしてみてはいかがですか。


ホームページ: http://www5.synapse.ne.jp/chajyukai/gtr.html


日本地図作成の為に立ち寄った伊能忠敬が、「けだし天下の絶景なり」と称賛した海岸沿いのビュースポット。雄大で美しい薩摩富士「開聞岳」とのバランスが絶妙。
幸運のシンボル“タツノオトシゴ”。

公園内には、日本唯一の観光養殖場「タツノオトシゴハウス」があり、生態の紹介や水槽でゆったり泳ぐ姿を鑑賞できる。また、近くには幸せの鐘“吉鐘”があり、鳴らす回数で、色々な幸せが訪れるとか・・・。

ホームページ: http://www.seahorseways.com/html/BandokoroMap1009.pdf


日本で生きたタツノオトシゴを観察できる唯一の養殖場。
オスが出産や育児をする変わった生き物です。

住所:鹿児島県南九州市頴娃町別府5202番地2
電話:0993-38-18831
営業:12:00~16:00
定休:月・火曜日(月・火が祝祭日の場合はその翌日)

ホームページ: http://www.seahorseways.com/


薩摩富士の別名で知られる開聞岳を望むビュースポット。

老松と開聞岳のバランスが絶妙。


勝負・武運を祀る開運開拓の神社。

鳥居から拝殿まで釜のふたを頭に乗せて歩けたら開運となります。

絶大なパワースポットとして、芸能人もそのご利益にあやかるとか。

絶好のロケーションもお楽しみ下さい。

住所:鹿児島県南九州市頴娃町別府6827
お問い合せ先:南九州市役所 頴娃支所 地域振興課(電話:0993-36-1111)
定休:電話対応は、土・日・祝日休み

ホームページ: http://kamafutajinja.com/