西郷恵一郎(さいごうけいいちろう)庭園

江戸末期文化文政時代(1804~1829)の作庭と伝えられています。
庭園は主屋の南に開け、東南の隅に枯滝を組み三層石塔を配しています。
庭の南東部の隅に枯れ滝の石組みを設けて高い峰とし、この峰から低く高く刈り込まれたイヌマキは遠くの連山を表現しています。
また、鶴亀の庭園ともいわれ、一変して高い石組みは鶴となり、亀は大海に注ぐ谷川の水辺に遊ぶがごとく配され、石とさつきの組み合わせが至妙な庭園です。

【道路からの外観について】

石を積み上げ土塁を造り、その上にお茶を低く刈り込み、その後ろにマキの高い刈り込みといった3段構成になっています。3段にすることで2段よりかなりソフトな感じを受けますが、本来の目的は中の動静が伺い知れないようにとのことだそうです。
(土塁を積み上げる手法は、琉球、中国あたりでよく見かける手法である。)
【門の中に入りながら】

知覧の庭園の特色は、門からカギ型に入って、玄関に達するまでに、通路から庭園が眺められるようにできています。
【庭園の中で】

この庭園の造りは、掛軸によく見られる中国で発達した山水画を参考にしているものと思われます。
この地域の庭園の特色は、外塀の代わりにイヌマキを植え波状に大きく刈り込んで、それを背景にその手前に石組みによる庭が造られています。
また、この庭園は、庭園の一番奥に石を高く積み上げ、イヌマキと同じように左右を徐々に低くし、遠近の方法で石組みによって遠くの山や岩、滝、川といったものを表現し、最後は大海に見たてた庭園流れ込むという手法をとっていますが、こういう石組みによる方法を枯れ山水といいます。
こういう門からの入り方やイヌマキの刈りこみ方、石組みの方法などは、この薩摩地方特有のものだそうです。
石組みの所々に置き灯篭や層塔が立っておりますが、琉球によく見られる手法です。
このような作庭は、室町時代の中期に、禅宗の書院などに小庭様式として成立したといわれています。