佐多美舟(さたみふね)庭園

宝暦年間(1751~1764)の作庭と伝えられています。東南隅に大きな立石による滝石組があります。
この庭園は、知覧島津氏の本筋にあたり、知覧庭園の中で最も豪華で広い庭園と言われています。
枯れ滝を造り、築山の上部に石灯、下部の平地には各所に巨岩による石組みを設けています。
門を入って右に折れて書院の前に出ると、本庭の主力の滝を中心とした石組みは延々と流れ、訪れた人々に力強さと広さを感じさせます。
【出口のほうへ足を運びながら】

この庭園は他の庭園と違って道路から真っ直ぐ入るようになっています。
惜しいことにこの庭園は、建物の改築により門の位置を動かしているということです。
そして、その改築した建物も全焼してしまったことです。
玄関に至るまでに右側に直接庭園が眺められるという形態は、他の庭園と同じでございます。
【通りに出てから】

この門の作りを見てください。門の屋根は二重構造となっております。
これは、本家分家、身分の高低等によるものだそうです。