知覧傘提灯

知覧傘提灯は、 安政年間に下級武士の内職として考案されたと伝えられる傘です。
半開きにすれば日傘、雨傘として、全開すると夜には提灯にもなります。
護身用の武器としても役役立ち、日傘、雨傘、提灯、護身用と1本で4役もこなす優れものです。 現在は、傘ちょうちんを作る後継職人がおらず、販売不可となっております。

知覧武家屋敷内の二ッ家(川口茶舗)に飾ってありますので、見てみたい方は行かれてくださいね。